旅とえいよう

アラサーからの体質改善

疲労回復、リラックス効果も!初夏に作りたい青梅シロップの作り方まとめ

f:id:tabitoeiyo:20170530160956j:plain

 こんにちは。

おいしい保存食と発酵食が大好きライターしほです。

 

GWが終わり、初夏の到来、これから梅干しを漬ける季節です。

近所の方に青梅をいただいたので、さっそく青梅シロップをつくってみました。

 

こちらの本を参考に、青梅シロップの作り方をご紹介します。

 

青梅シロップの効果

f:id:tabitoeiyo:20170530161704j:plain

青 梅シロップを飲むことで得られる効果は疲労回復、リラックス効果があります。

梅の酸味の成分であるクエン酸は肉体疲労やストレスの回復に有効です。

また、梅の香りはむかしから、伊良皆を軽減するとも言われ、リラックス効果があるそうです。

 青梅シロップを作るのに適した時期:5月下旬から6月中旬(青梅が出回る時期)です。

興味のある人は以下の材料・作り方を参考にしてみてください。

 

青梅シロップの材料

  •  青梅500g
  • 氷砂糖500g
  • 酢100ml
酢は入れなくてもいいそうですが、入れると発酵を防止できて失敗しにくくなるそうです。
5月になると、スーパーの野菜売り場に梅干しやらっきょを付けるセットが売られています。
ネットでも簡単に手に入れられるので、こちらからポチっとどうぞ。
 

青梅シロップの作り方

f:id:tabitoeiyo:20170530162159j:plain

青梅をボウルに入れ、たっぷりの水に2時間ひたしておきます。

こうすることで、青梅のアクを抜くことができます。

f:id:tabitoeiyo:20170530162655j:plain

竹串やつまようじで、青梅のへたを取ります。

ざるに出して水けをキッチンペーパーでふき取り、乾かします。

f:id:tabitoeiyo:20170530162926j:plain

保存瓶に青梅、氷砂糖を交互に入れまっす。

最後に酢を入れて、ふたを閉めます。

f:id:tabitoeiyo:20170530163046j:plain

保存は直射日光があたらない場所に置きます。

毎日、数回上下に瓶をゆすってエキスをまわします。

2~3週間置くと、氷砂糖がとけきり完成。

 

青梅シロップの美味しい食べ方使い方

①梅ジュース

水、炭酸水、湯で割ると美味しい梅ジュースになります。

②梅カクテル

焼酎や日本酒などで割ると美味しい梅カクテルになります。

 

f:id:tabitoeiyo:20170530164943j:plain

あまった青梅で梅醤油をつくりました。

おだしのうまみと梅のクエン酸で夏バテ防止!

 

 

 わたしが青梅シロップ作りに参考にした本はこちらです。

青梅シロップができるの楽しみだなー。

以上、疲労回復、リラックス効果も!初夏に作りたい青梅シロップの作り方まとめでした。