旅とえいよう

アラサーからの体質改善

つらい花粉症を治すためにした2つのこと

f:id:tabitoeiyo:20170411141309j:plain

毎年、スギ花粉からはじまり、5月頃まで花粉症に悩まされるわたしです。

今年は3月初旬に1週間ほど出て、それ以降は花粉症状が全く出ていないんですね。

わたしは花粉症が酷いときは、気管支炎になって咳が止まらなくなります。

今年は、そんな症状が全く出ていないので、私がしたつらい花粉症を治すためにした2つのことをご紹介します。

 

 

 

1.PPDPを意識した食生活

www.tabitoeiyo.com

 

コンビニや外食の食生活を改めて、

家で手料理を食べるようになりました。

www.tabitoeiyo.com

 

ぬか床を作ってみたり。

 

www.tabitoeiyo.com

 

お味噌をつくったり。

 

その他には便秘解消にいろいろ試してみたり。

www.tabitoeiyo.com

 

口から食べるもので自分は形成される。

だから、食生活を通した生活習慣って重要ですね。

 

 

2.フルタイムの仕事を辞めた

わたしは3月で5年間の病院勤務を退職しました。

4月は新年度で移動や新体制など、

仕事で変化もある時期ですよね。

 

そうすると、知らないうちにストレスがたまっていたり。

ストレスがたまると免疫力が低下して、

アレルギー症状も表面化しやすいとのこと。

 

わたしはアレルギー検査でスギ・ヒノキに加えてイネ科も陽性でした。

スギヒ・ノキに比べてイネ科の時期は花粉症が出たりでなかったり。

病院で「免疫が落ちているときはアレルギーの症状が出やすいので気をつけて。」と言われたことがあります。

 

新年度がスタートする4月から5月にかけては、

ヒノキとイネ科の花粉症状が出ていたんですよね。

ひどいときは気管支炎になり咳がとまらなかったです。

 

退職後の新生活はいろいろあるのですが、

自分の好きなことをしてすごしているので、

フルタイムで働いていたときよりもストレスが少ないです。

 

1年前くらいに「やりたくないことリスト」というのを作りました。

現在はそのリストにのっているものはほとんどやっていません。

 

やりたくないことを手放す。

それが、ストレスを軽減して、

免疫力の落ちない生活に結びついていると考えられます。

 

まとめ。

花粉症体質を改善するには、

食生活の見直しと、ストレス環境からの脱出。

 

簡単なようで難しい。

 

でも、対処両方としての薬を飲み続ける生活はしたくない。

 

体質改善をして、花粉症にならない体になるのが一番じゃないでしょうか。

 

www.tabitoeiyo.com

 

花粉症ってつらいですよね。

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング