読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅とえいよう

アラサーからの体質改善

朝食とぬか床と猫、わたしの発酵食生活

人気記事pick up!
  • 初心者でも美味しい漬物を作りたい!生ぬか挑戦まとめ記事3選
  • ひとは心も体も食べたもので形成されるから、大切にしたいこと
  • 20代前半とはわけが違う!アラサーになってからの体質の変化
  • スギの次はヒノキのシーズン!しつこい花粉症の記事まとめ3選
  • 花粉症に悩まされている人にたりない栄養素
  • f:id:tabitoeiyo:20170409185412j:plain

    朝起きると、ぬか床をかき混ぜている。

    発酵のすすみ具合を肌と匂いで確認する作業が、わたしの日課となっている。

    前日に漬けた野菜を取り出して、丁寧にぬかをとりのぞき、水で洗ってから包丁でトントントンと切る。ひときれ食べて、噛むごとにぬかの風味が口の中に広がると「こういう生活っていいなあ。」と感じる。

     

    www.tabitoeiyo.com

     

    わたしの理想の生活スタイルは映画「リトルフォレスト」

    ストイックに自給自足をしたいわけじゃないけれど、自分の食に向かい合って生きていく、その姿勢が理想だと思っている。

     

    名古屋の一人暮らし生活をひき上げて、実家に帰って、朝起きてからパソコンをカタカタしている生活。

     

    同級生だけじゃなく、大学の先輩や後輩に「しほの生き方っていいよね。刺激をうける。」と言われるようになった。

     

    わたしはただ自分の理想の生き方に自分を寄せていっているだけ。

    ただ、素直に素直に。

     

    そのひとつが、自分の食生活について見直すということだった。

    f:id:tabitoeiyo:20170409191312j:plain

    生きるために食べる。

    食べるために作る。

     

    わたしは「作る」の部分が弱いから、無農薬や化学肥料をつかわずにこだわって育てている作り手さんを大切にしたい。

     

    誰かを思い、応援することは自分の生きる選択を増やすことだと思う。

     

     

    昨日、初めてぬか床できゅうりを漬けた。

    朝、きゅうりを取り出して、トントントンと切っていたとき楽しみでしょうがなかった。

     

    わたしの中できゅうりは漬物の王様なのだ。

     

    ひときれ食べて頬がゆるむ。

    いい感じだ。

     

    家族に食べてもらおうと、お皿にのせて置いておく。

    父がひとつまみ、母がひとつまみ味見していく。

     

    さあ、ご飯を食べようと準備にとりかかったら、きゅうりのぬか漬けがない。

     

    あれ?

    お父さん全部たべた?

     

    2つくらいしか食べてないよ?

     

    じゃあ、お母さん?

     

    わたしも1つだよ。

     

    あれ、数が合わない。

    どこにいったのかしら。

     

    もしかして、すっちゃん(うちの猫)?

     

    あー!すっちゃんは猫だけどぬか漬けが大好きだった!!

    きっと、テーブルの上に置いてあったきゅうりのぬか漬けはすっちゃんが全部食べてしまったのだ。

     

    わたしのぬか床、初きゅうりはほとんど猫に食べられてしまった。

    また漬けよう。

     


    にほんブログ村


    人気ブログランキング