旅とえいよう

アラサーからの体質改善

ぬか床にカビが生えないよう注意すべき3つのこと

f:id:tabitoeiyo:20170329223552p:plain

新しいぬか床作りに挑戦中です。

初心者でも簡単に作れる!美味しいぬか漬けの作り方【ぬか床編】 - 旅とえいよう

ぬか床、お味噌・・・発酵食品をつくっていると気にかかるのが「カビ」ですね。

発酵してんだか、カビてんだか、いや発酵ってそもそも菌が繁殖するんだけど。

毎日、ぬか床は美味しくなあれとまぜますし、お味噌はまぜることはないもののビンをみつめながら「どうかなどうかなー?」と変化が無いかみています。

 

そんなときに「きゃー!カビはえちゃったー!!」と後悔する前に対策をまとめておきましょう!!

 

 

 ぬか床にカビが生える原因別、対処法

f:id:tabitoeiyo:20170327141637j:plain

1.ぬか床のかき混ぜ不足

ぬか床に有害な菌は酸素を好むため、ぬか床の表面に繁殖しやすいです。

ぬか床をかきまぜて、底にあったものが表面にくるようにしましょう。

冬場は1日1回、夏場は1日2回かきま混ぜて、ぬか床の様子をみましょう。

 

 

2.ぬか床の塩分が少ない

新しいぬか床を作るとき、塩を入れる割合が少なかったり、野菜を何度も漬けていると塩分が少なくなってしまいます。

塩分が少ないぬか床は雑菌が繁殖しやすくなってくるので注意が必要です。

対策としては、3~4回漬けたあとは小さじ1杯分の塩を入れてかき混ぜます。

 

3.ぬか床の水分が多い

夏場や野菜をたくさん漬け始めると、ぬか床の水分が増えてきます。

水分が多いと、雑菌が繁殖しやすくなります。

対策は、キッチンペーパーやスポンジで水分を吸って捨てる。

または、干ししいたけを入れて、うまみをぬか床に出しながら、水分をすってもらうという方法もあります。

 

新しいぬか床は発酵が進んでいないとパサパサしています。

わたしのぬか床は、まだ捨て漬けの段階なので水分はそこまで出ていないです。

夏頃に発酵が進んで、本漬けを繰り返したら、水分が多くなってくるのかなー?

 

もし、水分が多くなってきたらカビが生える前に対応したいですね。

 

www.tabitoeiyo.com

 

 

以上、ぬか床にカビが生えないよう注意すべき3つのことでした。

 

 


にほんブログ村


人気ブログランキング