旅とえいよう

アラサーからの体質改善

ひとは食べたものでできている、だからその心も食べたもので形成される。

f:id:tabitoeiyo:20170401082717j:plain

今日は、わたしがこのブログ「旅とえいよう」を開始して、自分の食生活や体質改善を記録にするきっかけとなった方のブログを紹介します。

ホリスティックドクター関由佳先生です。

以前、由佳先生のひよこ豆味噌作り教室に参加したとき、口から食べるものの重要性、自分の体と向き合うことの大切さを学びました。

大豆アレルギーでも美味しい味噌汁を食べたい!ひよこ豆味噌作り料理教室 - 旅とえいよう

ちょっとした体調の変化、気付かないふりをしていたら、更に悪化して・・・なぜ、その症状が出てきたのか?自分と向き合うことの大切さを知りました。

 

 

 

 ホリスティックドクター関由佳先生のプロフィール

f:id:tabitoeiyo:20170401084805j:plain

小西統合医療内科 栄養外来担当

内科医、味噌ソムリエ、野菜ソムリエ、メディカルフード研究家。

ameblo.jp

由佳先生のことばは全て自分の体験からつむぎだしたもの。

わたしは口から食べるもので体は形成される、だから自分で気をつけなければいけないと分かっているつもりでした。日々の忙しさの中で、コンビニやファーストフード、ジャンクフードに偏った食生活になっていたのです。

しかし、由佳先生の話を聞いて「わたしも変わりたい、食生活から見直そう。」と行動にうつすことができました。

本当に由佳先生に出会えて感謝しています。

 

 

 

わたしが感銘をうけたことばたち

由佳先生のブログやFacebook,Instagramは栄養管理の情報はもちろん、無農薬や化学肥料不使用の食材の紹介をされて、とてもためになります。

そして、由佳先生の人柄がでたやさしいことばたち。

これはダメ、あれはダメと禁止するのではなく、相手に寄り添い、やさしく語りかけるような文章に自分の心も癒されていきます。

 

私が栄養療法で大切にしていることは、〇〇はダメ!とか食べ物にマイナスイメージをつけないこと。

もちろん明らかに不自然で身体に良くないと分かっているものは避けた方がいいとお伝えします。
食べるということは楽しみの一つでもあるから、楽しみを失わず、ポジティブに変換できるようにお手伝いすることが私の一番大切にしているモットーです。

 

ひとは口で言えないことや認めたくない思いや感情を時に身体で表現しますと教えて頂きました。
例え状況はすぐには変わらなくても気づいて意識が変わることで必ず変わっていきます。
自己治癒力が低下したときはその気づくチャンスでもあります。
ひとは食べたもので出来ている。だからその心も食べたものから作られる。

 

 私にとって“食べる”ことは生きることそのもの。

“食べる”ということを通して人と想いをシェアして一体感を感じていくこと。

食べものはそのための言葉を超えた共通言語だと思いました。

心を込めて食材に感謝して、料理して、それをみんなとシェアする。

引用先:オークランドのveganレストランでインターン修行日記|関由佳オフィシャルブログ「Food Dr. Yukaのメディカルフードラボ」Powered by Ameba

 

由佳先生は勉強熱心。

海外を飛び回って得た知識をおしみなくブログでシェアしてくれるんです。

そして、病院での外来業務以外にも、全国で料理教室を開催して、一人でも多くの人へ食の大切さを届くように飛び回ってくれているのです。美味しい、うれしい、楽しい、感動のシェア!!

とってもありがたいことですね。 

 

少しずつ、わたしも変わろう。

「ひとは食べたもので出来ている。だからその心も食べたものから作られる。」

焦らずゆっくり、わたしのペースでコツコツと。

 

関連記事。

www.tabitoeiyo.com

www.tabitoeiyo.com

 


にほんブログ村


人気ブログランキング