読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅とえいよう

アラサーからの体質改善

初心者におすすめ!美味しいぬか漬けを作るための容器選びのポイント

人気記事pick up!
  • 初心者でも美味しい漬物を作りたい!生ぬか挑戦まとめ記事3選
  • ひとは心も体も食べたもので形成されるから、大切にしたいこと
  • 20代前半とはわけが違う!アラサーになってからの体質の変化
  • スギの次はヒノキのシーズン!しつこい花粉症の記事まとめ3選
  • 花粉症に悩まされている人にたりない栄養素
  • f:id:tabitoeiyo:20170327141637j:plain

    以前、素人ながらぬか床つくりに挑戦したわたし。

    www.tabitoeiyo.com

    ぬか床の容器は「これに入れるとかわいい!!」という基準で選びました。

    そういえば、ぬか床を作るときにいい容器ってなんだろうなー?と疑問だったので調べてみました。

     

     

    ぬか床の容器の必須条件は2つ

     1.口が広い。

     

    毎日、かきまぜるものなので手を入れやすいものが理想。

    わたしは入り口が狭くなっているものを選んだので、少々かき混ぜにくさはありますね。

     

    2.密閉ができる。

     

    蓋がないとカビや虫が入りやすく、においも放出されてしまいます。

    蓋つきで密閉できるものを選びましょう。

     

     

     容器の種類は大きく4つ

     1.プラスチック

     

    これは軽くて持ち運びも楽、価格も安くお手軽ですね。

    ただ、口から入るものには安心安全なものがいい、という方は化学物質をさけているかなー。

     

     2.ホーロー

     

    プラスチックの容器よりも少々お値段がはります。

    保湿性があって、酸に強く、ぬか床愛好家の間では好評なホーロー容器。蓋がプラスチックのものとホーローのものがあるそうです。

     

     3.ガラス瓶

     

    わたしはこちらにしたのですが、落としたときに割れる心配があったなあと、少々後悔しております。

    しかし、中がよく見えますし、見た目が可愛いとやる気が出るのでこのままにしておきます。

     

     4.陶器

     

    梅干なんかをつけている壺をイメージしていただければいいかなあと思います。

    製品にもよりますが、熱伝導が低く保温性抜群、化学物質を避けている方によいですね。

     

     

    以上、初心者におすすめ!美味しいぬか漬けを作るための容器選びのポイントでした。

     

    関連記事。

    www.tabitoeiyo.com

    www.tabitoeiyo.com

     

     


    にほんブログ村