読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅とえいよう

アラサーからの体質改善

実はこんなに豊富!お味噌の種類と特徴【基礎編】

人気記事pick up!
  • 初心者でも美味しい漬物を作りたい!生ぬか挑戦まとめ記事3選
  • ひとは心も体も食べたもので形成されるから、大切にしたいこと
  • 20代前半とはわけが違う!アラサーになってからの体質の変化
  • スギの次はヒノキのシーズン!しつこい花粉症の記事まとめ3選
  • 花粉症に悩まされている人にたりない栄養素
  • f:id:tabitoeiyo:20170313210222j:plain

    日本では、地域によって赤・白・あわせなど味噌の種類も様々です。また、味噌の原料となる穀物も米・豆・麦などが使われ、その土地で作られる味噌が違うんですね。

    わたしは以前「ひよこ豆味噌」をつくりました。その他に、小豆味噌など味噌の原料って大豆だけじゃないんだ!と驚きました。

    これ、知らなかったのわたしだけかしら?笑

    実家で暮らしていたときは毎日お味噌汁を飲んでいました。一人暮らしをするようになってからはお味噌汁を週1回飲むかどうか、ちょっと遠のいてしまったお味噌を基礎から学びたいと思いました。

     

     

    そもそもお味噌とは?

    味噌(みそ、英:miso)は、大豆等の穀物に、を加えて発酵させて作る発酵食品で、日本の伝統的な食品の一つである。miso として日本国外にも知られている[1]

    食品学人類学的には、日本の味噌は醤油と同じく、(ひしお/ジャン)のうち穀醤(こくしょう)に分類される。一般的に販売される味噌は日本独自のものである。

    しかし大豆や、その他の穀物や豆を原料としたペースト状の発酵調味料である穀醤は、東アジア東南アジアの各地に存在し、類似性からそれを含める場合もある。

    例えば中国の豆板醤韓国コチュジャンは、日本ではしばしば唐辛子味噌などと呼ぶ。

    引用先:味噌 - Wikipedia

    コチュジャンも味噌なんだー!知らなかったよー。

     

    お味噌の分類

    f:id:tabitoeiyo:20170313212255p:plain

    http://www.marukome.co.jp/knowledge/miso/type/

    お味噌っていろいろな種類があるんです。

    その中でも原料・味・色の3つの分類の仕方をご紹介しますね。

      1.原料による分類

    f:id:tabitoeiyo:20170313221404p:plainhttp://miso.or.jp/knowledge/howto

    ・豆

    大豆・塩を原料にしたお味噌で、愛知・岐阜・三重の東海地方に多い豆味噌。

    愛知県出身のわたしは「味噌の原料って大豆でしょ?」と思い込んでいたのここからですね。大豆アレルギーのある人、大豆フリーにしたい人は、大豆からできたお味噌以外を選ぶ必要がありますね。

    ・米

    米・大豆・塩を原料にしたお味噌で、全国どこでも作られているお味噌らしいです。

    白味噌も米味噌に一種なんだそう。味噌の種類別出荷量で約8割がこの米味噌なんだそう。

    ・麦

    麦・大豆・塩を原料にしたお味噌で、九州・四国・中国地方でよく作られているのが麦味噌。

    たしか!旅行で愛媛県の佐島へ行った時に麦味噌を食べた記憶があるぞ。

     2.味による分類

    ・甘口

    ・辛口

     今まで、全く意識したことなかったなー。

    確かに、白味噌は甘口のイメージ。

     3.色による分類

    白、赤、淡色があります。

    赤と淡色の味噌は全国各地で食べられています。

    白味噌は近畿各府県と岡山、広島、山口、香川の地域ですね。香川出身の友達が正月のお雑煮は白味噌汁にあんこもちを入れると言っていて「ぎゃー、なにそれー?美味しいの!?」って驚いたんですが、これめちゃくちゃ美味しかったんです!!普段、愛知県出身の私は白味噌って食べないんですが、香川のお雑煮が大大大好きになりました。

     

    以上、お味噌の種類と特徴【基礎編】でした。

     

    あわせて読みたい

    www.tabitoeiyo.com

     


    にほんブログ村